入試・学校生活Q&A

入試に関するQ&A

入試について

2科・4科どちらが有利ですか?

判定は最初2科で出します。従って2科が不利になることはありません。
2科で基準に満たなかった場合に4科は合格のチャンスが広がるとお考えください。

各教科の足きりはありますか?

各教科の足きり点はありません。合格は合計点で判定していきます。

複数回受験のメリットは何ですか?

最大のメリットは、受験された試験の一番良い点数が判定に使われる「良いところ取り」が利用できるということです。毎年多くの受験生が、最後まであきらめずに「良いところ取り」を活かして合格を手にしています。
また、複数回受験されたときには、それだけ本校への進学を強く志望されていると考え、繰り上げ合格を出す場合、点数が僅差であれば優先的にご連絡
さしあげます。 なお、1回の試験ごとに出願されると、その都度1回の検定料がかかりますが、同時出願されると割引がご利用できます。
『良いところ取り』とは・・・(注:PDFファイルが開きます。)

繰上げ合格の連絡はどのような形で行われますか?
また期日などは決まっていますか?

はっきりとした期日は決めていませんが、例年2月中旬位まで行っています。
連絡は担当教員からの電話となりますが、お留守であってもお話ができるまで連絡させていただきますので、第2連絡先のお電話番号を志願票に明記してください。

試験の時に時計、定規、コンパスなどは必要ですか?

受験会場には時計も設置してありますが、持参される場合が多いようです。
定規やコンパスについては必要ありません。筆記用具として鉛筆(シャーペン)、消しゴムを忘れないようにしてください。

午後入試の集合時間に間に合わないかもしれないのですが?

午後の集合時間は3時となっていますが、その時間に間に合わない事情が生じた場合には4時集合の入試をご利用ください。

入試当日に体調を崩してしまった場合には別室受験は可能ですか?

可能です。インフルエンザの受験生のための部屋とその他の傷病者のための部屋があり、保護者の方への連絡もできるようにしています。

入試問題は持ち帰ることができますか?

試験開始後に保護者控室で入試問題を配布します。
そちらはお持ち帰りいただけます。また、模範解答例を控室に貼り出します。

帰国生入試について

受験資格はありますか?

原則として滞在1年以上、帰国してから3年以内としていますが滞在期間、帰国後の年数などにより変わります。詳しくはご相談ください。
(担当=川澄・佐々木)

入試選抜方法はどのようなものですか?

筆記試験は国語と算数の2科、あるいは国語、英語あるいは算数、英語の3つから選べます。また、作文もあり、作文の内容とその他についての面接が行われます。
面接は本人のみです。

帰国生入試の問題と一般入試問題のレベルは同じくらいですか?

一般入試の問題よりも若干易しくしています。英語の問題は、英検準2級レベル程度にしています。

学校生活 Q&A

学校生活について

何時までに登校するのですか?

登校は8時20分です。最終下校は18時です。

海外研修について教えてください。

中学校3年生は全員ニュージーランド海外セミナーに参加します。
他に5年生の希望者(約4割)がアメリカのバージニア州にある提携校でのアメリカ海外セミナーに参加します。このアメリカ海外セミナーでは4年生の4月に参加を申し込み、1年半の準備を重ねて研修に参加します。
また、2011年度より高校2年生を対象にヨーロッパ海外セミナーが開始されました。ドイツでの提携校交流、ホームステイを行います。(コミュニケーションには英語を使います。)
ドイツ・フランスを訪れ、ヨーロッパの歴史・文化に親しみ、環境問題を考えます。

クラブ活動は必修ですか?

中学1年、2年生は加入を強く勧めています。
クラブ活動は中学・高校生の人格形成の上で大切なものだと考えています。
多くの生徒がクラブ活動に加入しています。 2015年度学年別部活加入率は
1年......... 全体91%  45%(文化部・その他) 46%(運動部)
2年......... 全体104% 53%(文化部・その他) 51%(運動部)
3年......... 全体89%   46%(文化部・その他) 43%(運動部)
4年......... 全体127% 87%(文化部・その他) 40%(運動部)
5年......... 全体119% 82%(文化部・その他) 37%(運動部)
となっています。

学校のセキュリティーはどうなってますか?

生徒の安全を何よりも大切に考えています。
校門のセキュリティ(守衛と自動ロック錠)、カメラを設置し、教職員の定期的なセキュリティ研修も行っています。
登下校の安全に関して、生徒には常に自覚を促し、保護者の方との連携を心がけています。

キリスト教の信者にならなくてはならないのですか?

キリスト教主義の学校であり、キリスト教の信者にすることが目的ではありません。
しかし、キリスト教に触れ、神様に触れ、「聖書」を通して「生きる」糧にしてほしいと願っています。

英語の教材は何を使っていますか?

本校独自の教材”We like English”を中1の導入時から使います。(音声教材もオリジナル)
その後はプログレスが主体になりますが、本校のオリジナル補助教材で効果的に学習を進めます。

ページ上部へ