NEWS

新着情報

コーラス部&吹奏楽部 JAXA『宇宙に届け リモートプロジェクト』に参加

 コーラス部と吹奏楽部宛にJAXA「宇宙に届け リモート合唱プロジェクト」への参加依頼がありました。プロジェクト内容としては、「宇宙にいるJAXA宇宙飛行士の星出彰彦さんへ、全国の小中高生が『銀河鉄道999』を合唱してプレゼントする。」といった企画です。コーラス部はコーラスでの参加、吹奏楽部は全国を代表して伴奏としての参加となりました。コロナ禍で思うような活動ができない中で、果たして参加が可能なのか検討もしましたが、部員たちの希望もあり参加を決定いたしました。
 
 コーラス部では、マスクをした状態での合唱の音声と、マスクを外して1人1人で撮った映像を組み合わせるという工夫を凝らして参加をしました。音声収録時は何度も部分的に録り直し、レコーディングならではの緊張感、達成感を経験することができました。年度が変わり新体制での初めての本番でしたが、団結力を深めるよい機会にもなりました。
 吹奏楽部では、本校らしさをアピールできる場所、かつ感染対策として新館屋上での撮影を行いました。今までやったことのない試みに、少々戸惑う様子も見受けられましたが、みなとみらいの景色が一望できる屋上での演奏は、青春の1ページとして深く刻み込まれたようです。「少しでも良い演奏を、宇宙へ届けたい!」という強い想いで、コーチの厳しい指導の元、たくさんの工夫を凝らしながらプロジェクトを全うすることができ、高校3年生はこのプロジェクトをもって仮引退となりました。最後の夏のコンクールが中止となってしまった代ではありましたが、現役時代の集大成として華々しい良き思い出となっていれば幸いです。
 飛沫リスクの高い合唱や合奏は、このコロナ禍で様々な制限を強いられています。その中で、何ができるのか、どうすればできるのか、様々な試行錯誤を繰り返しております。コロナ禍だからこそのプロジェクトであり、「自分の歌や音が、はるか遠い宇宙へ届く」という想像もしていなかった新時代への突入を実感した瞬間でもありました。
 
是非、 で動画が9月24日より配信されていますので、ご覧ください。