SCHOOL LIFE

学校生活

校長室便り 2020年4月24日

「言葉、行動、愛、信仰、純潔の点で信じる人々の模範となりなさい。」
Ⅰテモテ4:12
女学院手帳の今週の聖書の言葉です。

 もう金曜日になりましたが、今週はどんな日々でしたか。
毎日毎日自宅にいるのが飽きてどこかへ行きたくなりますよね。
オンライン学習も幾つか覘かせていただきましたが、なかなか面白いものもありました。
中学校1年生のPCも手配中です。せっかく楽しみに入学してきたのにごめんなさい。
こんなに早くオンライン中心の学習の日が来るとはだれが想像できたでしょうか。
コロナショックが過ぎた後のこれからの学習も大きく影響を受けて変わることと思います。
 今週の月曜日の日本テレビのニュース番組で藤井アナウンサーがこんなことを言っていました。
「今、緊急事態宣言を受けて、自分を律している人ほど、観光や遊びに出ている人を腹立たしく思うかもしれません。
しかし、皆さんのような人たちがいるからこそ、欧米のような医療崩壊を防げています。
今はみんなの足並みが揃わなくても、その姿勢は必ず誰かの行動を変えるはずです。
そして全国には、まだ感染者の少ない地域も多くあります。
不用意に生活エリアを超えた移動をしないこと、これが誰かのふるさとを守ることにつながります。」
 藤井アナウンサーの話し方に共感を持ちました。
横浜女学院の皆さんはきっと、我慢して外出も控え、机の前でPCに向かって勉強しようとしてくれているのだと思います。
今みんなが頑張っているから、明日の日本、明後日の世界が明るくなるのだと思います。
 頑張れニッポン。頑張れ世界。頑張れ人類。頑張れみんな。

今日も良い日でありますように。