SCHOOL LIFE

学校生活

校長室便り 2020年5月8日

  連休が終わりました、学校の閉鎖が延長され、オンラインでの授業再開、
皆さんはどう過ごしていますか。
先日の校長室便りにツツジとサツキの区別がつかないと書いたところ、多くの方に教えていただきました。
ありがとうございました。
こんなに大勢の方が読んでくださっていること、
そして反応してくださったことに勇気づけられました。
ラジオのアナウンサーをしていた友人がいます。
「マイクを前に一人で話していると、自分の話をどれほどの人が聞いてくれているのか
不安になることがある」と言っていたのを思い出します。
テレビの朝の番組で、栃木県にある「つつじ園」のツツジが満開であると告げていました。
今年は外出自粛のため閉園されており、観光客のいない中での満開。見る人がいなくても花は咲いています。
先月、人が集まらないように、咲き誇っている藤の花が刈り取られるニュースをやっていました。
藤の花に罪はないのにと思い見ていましたが、
綺麗な花を刈り取らなければならない人の悲しみはどれほどのものかと思います。
今の私たちの苦労と努力は誰が見てくれているでしょうか。
一生懸命に咲いているあなたを見てます。目に見えない歴史とあなた自身が見ています。そして神様が。

「苦難は忍耐を、忍耐は練達を、練達は希望を生む。
ローマ 5章1節」

 皆さんのいない学校も寂しそうです。先日、鳩が昇降口から校舎に迷い込んでしまい、
逃がしてあげようと追いかけたら、なんと校長室の前にいたんです。
まるで校長室前で待っているかのように。
校長室前の窓を開けてあげたら、無事に飛んでいきました。

写真を取っておけばよかった。
                               
 今日も良い日を。