SCHOOL LIFE

学校生活

校長室便り 2020年 5月9日

  アメリカの児童文学者ホープ・ニューウェル(1896~1965)によると、「考える」ことと「頭

を使う」こととは別もののようです。著書に『あたまをつかった小さなおばあさん』(1970

年 福音館書店)があります。おばあさんは、穴だらけの毛布しか持っていなかったので、

冬に備えて羽根布団を買いたいのですが、お金がありません。そこでおばあさんは、羽根布

団のかわりにがちょうを12羽買います。夏には卵を産んでもらって、冬にはその羽根で羽

根布団をつくろうと考えたのです。ところが、いざその時期になると、羽根をむしったらが

ちょうはさぞかし寒いだろうと思い、毛布の穴をなくしてしまえばよいのだ、と思いつきま

す。おばあさんは、なんと、穴の部分を切り取ってしまったのです。もちろん、穴はなくな

るどころか大きくなりました。いよいよおばあさんは、あたまを使います。がちょうもおば

あさんも寒くない方法を。あたまが痛くなるまでつかって、そのおかげでよい方法がわかり

ました。がちょうの羽根で羽根布団を作り、切れた毛布でがちょうに上着を作ってやったの

でした。

 私たちもこの生活を「あたまをつかって」乗り越えたいですね。

 今日も良い1日を。