SCHOOL LIFE

学校生活

校長室便り 2020年5月30日

  5月が終わろうとしています。

「田舎」という言葉には色々な意味があります。「都心」の対極として「さびれたところ」や「発展していないところ」という意味で用いられることもあります。が、そもそもは、「田んぼと家屋(舎)のあるところ」という意味を指し、かつては、そういうところで生まれ育つ日本人が多かったことから、今でも「ふるさと」の意味で使われます。「田舎に帰る」などといいますよね。あたたかい響きがあります。

 

 山梨県清里の横浜学院八ヶ岳山荘は、まさに横女生の「田舎」ではなかったでしょうか。

 この夏、最後の横女生が清里を訪れることは、叶わないこととなってしまいました。なんと寂しいことでしょう。今ころは、まだ肌寒さの残る空気のなかで、春セミが鳴き、つつじが咲くころです。

 長い間守られてきた私たちの「田舎」。清里は、ふるさと。そう思うのです。

 

 今日も良い1日を。