SCHOOL LIFE

学校生活

校長室便り 2020年6月4日

 6月2日は横浜開港記念日でした。1853年に黒船が浦賀に来航、翌1584年に横浜村に上陸します。ペリーが求めたものは「日本の開国の決断」でした。そして1859年6月2日、横浜は世界に開かれる港として開港したのです。いまから161年前のことです。

 開港、グローバル化。「人、モノ、金」だけでなく、外来種やウィルスも国境なく移動します。3年前はヒアリが横浜の港で発見され、私たちは恐怖を覚えました。本来、南米中部に生息するヒアリ。各国、定着しないように莫大な費用をかけて駆除をおこなっているそうですが、根絶に成功したのはニュージーランドだけとか。日本では、発見時の徹底駆除とモニタリングを行っているそうですが、今年の4月東京港から茨城県に移動したコンテナから発見されています。 

 私たちの生活は様々な輸入品に支えられています。人との「交流」だけならオンラインでもできるのでしょうが、モノの移動はオンラインではできません。 

 開港して161年、東京都の示した「ウィズコロナ」という言葉が適切かどうかは別として、私たちは、リスクに対して「工夫」というかたちで闘わなければならないのです。 

「創意工夫」することは楽しいことです。楽しく工夫をしていけたらいいな、と思います。

 今日も良い1日を。