SCHOOL LIFE

学校生活

オンライン授業の取り組み紹介③

2020_国語科オンライン学習報告② 【振り返りとフィードバック】

 

横浜女学院中学校高等学校国語科のオンライン授業の紹介

オンライン学習は、「自律的な学習者」へと成長するよい機会! しかし、ただ課題を与えて「自分でやりなさい」と言っても自律はできません。横浜女学院の国語科では「今日2人でできたことは明日は1人でできる!」を合言葉に、【生徒の振り返り・教師のフィードバック】に力を入れています。

 

【中2 国際教養クラス 国語】国際教養クラスはリーディング・ワークショップを行っています。たくさんの本・様々なジャンルの本を自分で選んで読み、背景知識を身につけ、その読みについて振り返ったり、考えたりすることで、本当の読解力を身につけています。
本を読んだことで、自分が変わり出していることに気付いた振り返りです。

教師は、「背中を押す」ようなことを意図してフィードバックをつけてみました。
教師の質問から、物語のテーマについて自分の経験を関連付けています。

オンラインでの 【振り返り・フィードバック】 のサイクルによって、「読み」が深まっています!

 

【高2 現代文B特講Ⅰ】評論文を読みながら、「メディアは真実を映し出しているのか?」というテーマについての考えを深める単元。振り返りを繰り返すうちに、「映像やメディアとの接し方」という生活が変わり、最後にはテーマをより一般化して理解することができています。

【高2 古典A】『大和物語』『伊勢物語』という歌物語について学ぶ単元。「次の活動に向けて、挑戦したいこと・掘り下げたいこと」について考えることで、主体的・自律的な学習が成立しています!

家にいて刺激のない中では学びのモチベーションは下がりがちです。しかし、「今日はこれができなかった・わからなかったから、次はこうしよう!」という思考を育んでいます!

 

【中2 アカデミークラス 国語】短歌について鑑賞文を書く課題。とはいえ、自分が感じたことをなかなかうまく言葉にできない、あるいはどこに着目していいかわからない生徒も多いです。生徒がうまく言葉にできていないときには、鑑賞文が深まるようなヒントを提案しています!

 

 

【中3 アカデミークラス 国語】説明文を詳細な「学習の手引き」に沿って読んでいき、「どうやって読むのか」を身につけていく授業。生徒が完成させた要約にも、「よくまとめられています」と評価したうえで、「こうすればもっとよくなる!」という内容を提案しています。

生徒たちは、家でひとりで友達にも聞けずによくわからないで学習に取り組んでいる場合があるでしょう。そういうときに、「できていない」とネガティブな評価をしたのではモチベーションが下がってしまいます。できていることを評価したうえで、次のステップを提案することで、自律的な学習を促しています。