SCHOOL LIFE

学校生活

校長室便り 2020年6月16日

 歌人の俵万智さんが、こんなことをツイッターに投稿したことがあるそうです。

「宿題を少しやっては『疲れた~』と投げ出す息子。『遊んでいるときは全然疲れないのにね』とイヤミを言ったら「集中は疲れるけど夢中は疲れないんだよ!」と返されました。

名言ですね、まさにその通り。

 夢中になれるものがあるということは幸福なことです。一方で、夢中になれることが見つからないという悩みを抱えている人も多いとか。特に、中高生や大学生に多いのだそうです。この時期は、周囲の大人に「何か夢中になれるものはないの?」と聞かれることが多く、ない場合に、自分自身が残念な気持ちになってしまうことが多いようです。 残念に思う必要はありません。夢中になれるものがあることは幸福なことですが、ないことは不幸なことではありません。まだまだ未来に冒険が待っているということです。ワクワクできることかもしれません。 「何か夢中になれることはないの?」と聞かれて困ったら、「今ワクワクしながらそれを探しています」と答えましょうか。

 今日も良い1日を