SCHOOL LIFE

学校生活

校長室便り 2020年6月30日

 6月30日は1年のちょうど真ん中の日です。日本各地の神社では、この日あたりに「夏越の祓」という行事が行われます。これは、半年の穢れを落とす行事だそうで、起源は、神話のイザナミノミコトの禊はらいにまでさかのぼるのだそうです。

これまでの穢れを落とし、この先半年の厄除けと健康を祈る伝統行事に食べるものと言えば、「水無月」という和菓子です。水無月は6月の異名です。昔は、6月1日になると、夏バテ予防のために氷を食べる風習があったそうです。しかし、冷蔵庫も冷凍庫もない時代、氷は超高級品。そこで、ういろうで透明感をだし、三角形にすることで、氷ににせた和菓子「水無月」が誕生したのだそうです。小豆は赤色が邪気を払う色とされているので使われたそうです。つまり、超高級品の氷の代替品としてつくられたのですね。

「水無月」を、人々の健康を祈り、庶民が食べられるものとして作った先人たちの工夫に感動します。

茶道の先生として和菓子にもお詳しい早瀬先生に伺ったところ、お手製の「水無月」の写真を見せてくださいました。とても涼やかでおいしそうですね。昔の人の知恵と工夫を知らなくても、おいしいものはおいしい。実のところ、栄養価の面だけ見ると、「健康」には直結しないお菓子のようですが、心の健康にはとてもよさそうです。

テーブル, 食品, 座る, 皿 が含まれている画像

自動的に生成された説明