SCHOOL LIFE

学校生活

校長室便り 2020年7月6日

『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日  

歌人・俵万智さんの歌集『サラダ記念日』を代表する短歌です。 

 今日はサラダ記念日。76日はこの短歌を紹介しようと思っていました。俵さんがこの日を選んだのは、七夕の前の日で普通の何でもないだからだそうです。いいですよねこの句。「『この味がいいね』と君が言ったから七月六日はサラダ記念日」。どんな日でも特別な日にしてくれそうな気がします。私たちの心の持ち方次第で。 

 しばらく続けてきた校長室便り最後の日となりました。新型コロナウイルスのため、自宅学習が続いていましたが、今日から一斉登校が始まります。 

 今日なんでもない日ではなく特別な日です。 

 日野原重明先生の言葉を紹介します。 

 幻冬舎から出版されている「生きていくあなたへ」。この本のまとめは日野原先生のインタビューの最終日の様子を、先生の言葉のまま載せています。 

私の一番好きな言葉は「エンカウンター」 

私の人生での皆さんとの出会い・・・ 

みなさんの思いと 

私の思いを合わせて、 

なおこの旅を 

続けていこうではありませんか。 

きましょう。 

キープ オン ゴーイング。」 

インタビューはこれで終わっています。 

  エンカウンター。「出会い」。皆さんと会えるのが楽しみです。たくさんの出会いが皆さんを待っています。 

 これからの皆さんの歩みの上に、神様の守りと豊かな祝福がありますように。 

Keep on going. 

神のなさることは全て時にかなって美しい。 

コヘレトの言葉 3章11節