SCHOOL LIFE

学校生活

校長室便り 3月23日

 2020年度終業礼拝、中学3年生の卒業式が本日行われました。面談、春期講習会、部活動の発表会など活動は続いていますが、ひとまず2020年度の幕を下ろします。

  2020年度は新型コロナウイルスに翻弄された一年でした。かけがえのない時間、月日。生徒のみんなの頑張りと、保護者の皆様、関係諸氏のご尽力にこの場をお借りし、感謝申し上げます。 

 「学びを止めてはいけない」を合言葉に、今できることを精一杯探りました。今思えば、もっとできたこと、あるいはもっと効率的なこともありました。 

 「命に代えられるものはない」感染防止を最優先とし、工夫したつもりでしたが、ほかにもっと良い方法もあったかもしれません。 

 正解の分からない、あるいは解答のない選択を迫られる中での前進は、楽ではありません。生徒たちのかけがえのない「今」のための前進。 

 生徒たちの笑顔と保護者の皆様からの温かい励ましが、教職員の、自分の前進のための原動力となりました。 

 保護者の方から「校長室だより」続けて欲しいとの声をいただきました。ありがとうございます。励みになります。 

生徒たちと直接話せることが何よりと思います。読んでいただけるという声をいただきましたので、2021年度も、時には校長室から見える風景をお伝えします。 

 昨年、生徒たちのいない学校で、桜の花がほころび始めた時、何とか生徒を励ましたい、自分たちが一緒にいることを伝えたいと思って始めた「校長室だより」でした。 

 今年も、桜の花が咲き始めました。 

今年の桜は例年よりも開花が早いようです。 

今年は生徒の皆と一緒に目にすることができます。 

改めて、この年を乗り越えられたこと、感謝申し上げます。 

医療関係者の皆様、コアサポーターの皆様はもちろん、すべての方が大変な年度でした。そして今もなお、苦難の中にあります。新型コロナウイルスとの戦いはまだ終わりません。 

 2020年度ありがとうございました。