SCHOOL LIFE

学校生活

イースター礼拝

4月21日は、久里浜福音教会の深澤祐一牧師によるイースター礼拝を守りました。「イースター」とは、イエス・キリストが、死後3日目によみがえった「復活」を祝う日です。「枯れ木に花咲く」という題でお話をしていただきました。

 普通、死んだ人が復活するなんてありえないと思いますが、それはイエスの弟子たちも同じでした。十字架にかかる前にイエスが言ったように、弟子たちの前にイエスは現れます。しかし、それでも弟子たちは信じられませんでした。頭の中で知っていても、実際に見えても、「そんなわけない」と心が閉ざされていたため、真実を見ていなかったのです。しかし、イエスの語りかけによって弟子たちはイエスが復活したことを現実として受けとめ、大胆に伝えるようになりました。そして、弟子たちが語る復活の出来事を聞き、信じた人々の心には花が咲き、生きる希望が与えられました。それが2000年たってもなお伝え続けられています。復活を信じる時、生きる希望が与えられるのです。