学校生活ブログ

書道部 夏合宿

2015.09.03

2015年8月3日~6日

清里にある横浜学院八ヶ岳山荘での3泊4日。ホールや和室を使用しての稽古。臨書と呼ばれる、優れた古典を手本にして表現技法を学ぶ学習をはじめとして、コンクールに出品する作品制作や、書道パフォーマンスの練習に明け暮れました。一日のおわりには、その日の作品を持ち寄って講評しあい、それぞれの技術の向上に役立てます。

活動のスケジュールは、すべて最上級生の高2が企画運営し、下級生の指導はすべて上級生が行います。1日の20~30分ほど、書から離れた「リフレッシュタイム」を設け、水風船で遊んだり、「暗闇バレーボール」をしたりと、部員の交流を深めることも大切にしています。

清里ゆかりのポールラッシュ博士が大切にしていた言葉「最善を尽くせ。しかも一流であれ。」をモットーに、妥協を許さない作品作りがなされました。うまく書けずに涙が止まらなくなった部員もいます。作品に納得がいかずに夜を徹して制作に取り組んだ部員もいます。その成果は文化祭で披露します。是非ご高覧ください!

ページ上部へ