学校生活ブログ

大学出張講義 ~東京外国語大学~

2016.10.15

10月14日に東京外国語大学の三宅登之先生に来校していただき、「中国語ってどんなことば?-自らの視野を広げる外国語学習の世界-」と題して出張講義をしていただきました。中国語の発音や文字、文法についてお話いただいたうえで、簡単な挨拶表現なども教えていただき、さらには英語以外の外国語を学ぶことの意義についてもご講義くださいました。

img_6571   img_6578

三宅先生は、現在NHK-Eテレで放送中の「テレビで中国語」の講師をされていて、中国語にまったく触れたことのない生徒たちにも、わかりやすく興味を増すようにお話くださいました。生徒たちは、ESDの課題探究で中華街等にフィールドワークに出かける計画のため、そこで活用するべく真剣に講義に臨んでいました。

さまざまな外国語に関心を持ち、多様な文化や価値観に眼を開き、世界を広げて行く生徒たちが増えることを期待しています。

ページ上部へ