学校生活ブログ

チアリーディング部 世界選手権大会

2017.11.15

第9回チアリーディング世界選手権大会(The 9th Cheerleading World Championships)チアリーディング スモールグループス女子部門(Cheerleading Small Groups All Female) 優勝

11月11日(土)12日(日)に、世界選手権大会において、スモールグループス女子部門で優勝いたしました。世界選手権は2年おきに開催され、今年度は群馬県高崎市で行われました。世界28カ国から13の部門の世界一を競いました。この大会の日本代表に選ばれるためには、5月のアジアオープンと6月の関東選手権で上位入賞、及び協会から選抜、推薦されなければなりません。本校のスモールグループスは、昨年インドネシアで行われたアジア選手権に引き続き、今年は世界選手権の日本代表に選出されました。チームは高3が4名、高2が1名で構成されており、演技は60秒間、音楽に合わせてスタンツの連続技を競います。この部門には、本校を含めた日本代表2チームと、ドイツ、フィリピン、香港、韓国などの9チームが参加しました。順位は2日間の演技の総合点数で決まります。1日目の演技では1箇所ミスをしましたが、1位で1日目を終えました。代表選手として完璧な演技をしたいという強い気持ちで、待機時間のほとんどは体を動かし、最後まで入念に演技の確認をしました。そして2日目は全てを出し切ったミスのない演技をすることができ、その結果、優勝することができました。優勝のトロフィーは大きく、それをいただいた表彰台は高く、優勝国として会場に国歌を流せたことを誇らしく思いました。

この大会では、チアリーディングを競技としてだけでなく、チアリーディングを通して様々な国の人たちと交流する機会になりました。いろいろな言語で挨拶やお礼を言い合ったことは、世界大会ならではの経験になりました。

2017世界大会1  2017世界大会2  2017世界大会3-1

ページ上部へ