学校生活ブログ

「宗教改革記念礼拝」

2015.10.31

10月30日(金)に全校で宗教改革記念礼拝を守りました。1517年10月31日、マルチン・ルターによってなされたキリスト教改革は、今を生きる私たちにも大きな影響を及ぼしています。16世紀の教会は、イエス・キリストの福音は自分たちの権力を脅かすものとして、聖書を隠していました。ルターの大きな働きは、人々が聖書の中に隠されていた宝を知り、真理を求めることができるようにしたことにあります。

今日の礼拝では、深澤牧師より、マタイによる福音書 13章44節

「天の国は次のようにたとえられる。畑に宝が隠されている。みつけた人は、そのまま隠しておき、喜びながら帰り、持ち物をすっかり売り払って、その畑を買う。」

宝にそれだけの価値があると分かるなら、全財産をつぎ込んでも惜しくないという人がいます。しかし、その価値を知る人は多くはいないものです。聖書はその畑と解釈してもよいでしょう。隠されている真理を求め、正しく生きるすべを手にしてほしい。というメッセージに静かに耳を傾ける生徒たちでした。

IMG_3773IMG_3774

ページ上部へ