SCHOOL LIFE

学校生活

花の日礼拝

「花の日礼拝」とは、19世紀にアメリカの教会で、病気の方や愛する方をなくされた方に、子供たちが花を持って励まし慰めに行くことから始まり、子どもたちを尊重し、信仰に導く特別な礼拝として、世界中に広まり、「子どもの日」とも言われています。
 14日(木)は、横浜国際バプテスト教会からベン・ハワード牧師をお招きして、花の日礼拝を守りました。いつもそばに居てくださる神さまを感じて、神さまに仕えていくこと、そして、神さまに感謝することを大切にしていくことが、あっという間に過ぎ去ってしまう私たちの人生を良きものにすることに繋がっていくはずです。
礼拝に続いては、ハワイのフラダンスチームの皆さんによる特別賛美のときを共に過ごしました。日ごろとは違った礼拝と特別賛美によって、神さまを身近に感じて喜びの時となりました。