SCHOOL LIFE

学校生活

共に支えあい、感謝すること

11月19日(木)は、神様の存在を謙虚に振り返り、周囲の人びとの存在に感謝する時である「収穫感謝礼拝」をまもりました。

全ての隣人とともに感謝できる恵みを覚える日として、「感謝」を実践しようとすることが必要であると感じられる礼拝となりました。そして、共に支えあい、励ましあっていくことが自分の力となっていくはずです。

IMG_3996IMG_3995

IMG_3994