Education

横浜女学院の学び

Content and
Language
Integrated
Learning

CLIL

教科内容と英語学習を組み合わせた
内容言語統合型学習

「英語で考える」

CLILとはContent and Language Integrated Learningの略で、内容言語統合型学習と訳されます。適切なサポートのもと、教科学習や具体的なテーマに対して英語学習を組み合わせて学ぶことで、内容と英語を相乗効果で習得できる学習法です。

「英語5技能=「読む+書く+聞く+話す」+「考える」」

本校ではCLILを通して、「読む」・「書く」・「聞く」・「話す」の4技能に「考える」を加えた英語5技能を豊かに伸ばしていきます。実際の国際問題に対し、キリスト教精神とESD的価値観に基づく当事者意識をもち、英語で考えて行動を起こすのが特徴です。国際的に活躍する人材育成と並行し、大学入試にも通用する英語運用能力を高めていきます。

学習内容

学年 学習内容 具体的な内容例
中3 ESD ニュージーランド海外セミナーに備えて、現地で取り組みが盛んな生物多様性と多文化共生についてオリジナルの教材を用いて英語で学習します。
高1 ESD・他教科 教科書の内容をベースにしつつ、美術・聖書・地理など他教科の学習にも英語で挑戦します。
高2 ESD・他教科 高校1年生での内容に加え、より視野を広げてSDGsや世界平和などについて英語で学びを深めます。

多様な価値観を認め、
共に生きる大切さを実感

Oさん
高校2年生
授業では、ペアワークでの話し合いなど、英語の質問に即時に英語で答える場面が多くあります。そのため、英語を日本語にして考える暇がなく、すべて英語のままインプットし、考え、アウトプットすること自然にできるようになりました。また、課題を通して諸外国の文化や生活習慣に基づく多様な価値観を知ることで、今まで自分が限られた範囲でしかものごとを考えられていなかったのだと気づきました。違いを認め、尊重し、共に生きていくことの大切さを胸に刻み、将来に活かしたいと思います。