Education

横浜女学院の学び

Education for
Sustainable
Development

ESD

「持続可能な社会の発展のための教育」
を核とした新たな取組み

「探究×Sustainable Development」

世界が抱えるさまざまな課題に対して、自分ができることを見つけ、周囲を取り込みながら実際に行動を起こしていく力を身につけていきます。

「揺さぶる価値観と新たな創造」

中学1年生から高校2年生まで国内外の大学や企業、国際機関、NGOやNPOなどとの連携を図り、講演会やワークショップを通じて、各自の課題を発見します。

「横浜元町×横浜女学院 SDGs PR・DAY」

 高校1年生のESD活動のテーマは「Think globally Act locally」2021年度には、横浜元町ショッピングストリートの20店舗に協力いただき、各店舗のSDGsの取り組みを取材し、紹介するポスターを制作し、各店舗の前でアピール活動をしました。

活動を通して社会問題への関心が深まる

Iさん
高校2年生
私はESD活動で、地元の元町の方々とSDGsについての意見交換や、アパレルブランドのGUとコラボした「服のチカラプロジェクト」などに取り組みました。このプロジェクトでは、学内外に呼びかけをし、難民の方に送るための衣服を集めました。今まで社会問題や国際問題を表面的に捉えがちでしたが、ESDの活動を通して、「なぜそうした問題が起きるのか」にも目を向けることができるようになりました。また、大学や企業の方を前にして自分の考えをプレゼンしたことは、成長につながりました。