FOR EXAMINEE

受験生の方へ

2018年5月1日

ピンク色の4月から緑色の5月になりました。爽やかな風、優しい太陽の光に包み込まれる気がします。
 横浜女学院の愛誠園では、「愛の花」と言われている黄色のバラが咲いています。その隣にはピンク色のバラの花。バラは、いろいろな鮮やかな色を輝かせています。「バラ色の人生」とは、自分を大切にして、周りの人も大切にして、いろいろな鮮やかな色の人生を表しているのかもしれませんね。

白ばらや 黄ばらの中を あゆみつつ 友と語りし やさしの思い出   清水 澄子

受験生の皆さん!新しい環境には慣れましたか?「受験」というハードルを越えていく中で、時には辛くなることも自分を責めてしまうことも、家族や友人に辛く当たってしまうこともあるかもしれません。でも、大丈夫!そんな時こそ、バラにいろいろな色があるのと同じように私たちも「自分色」でいいのです。そして、今できることを一つひとつ積み重ねていけば、必ず、大きな自分らしいバラが咲くはずです。
 
横浜女学院では、受験生とご家族を応援し続けます。校外での合同説明会にも参加していますので、ぜひ、ブースにいらしてください。お待ちしております。